矯正ブログ BLOG

矯正治療で横顔(Eライン)を整えられるってホント?

Eライン

ご自身の横顔を見る機会は多くないと思いますが、たまに目にした時に「なんだかバランスが悪いな」と思われる人は少なくないようです。日本人の場合、鼻やおでこが過度に目立つ人は少なく、バランスの悪さの原因は、出っ歯や受け口(反対咬合)など、口元のバランスの悪さにあることが多いようです。また、噛み合わせの悪さによっても、横顔のバランスが乱れます。

美しい横顔とは?

どんな横顔が美しいと感じられるかというと、「E-ラインが整った横顔」です。E-ラインとは「エステティック(美的)ライン」のことで、下あごの突端部と鼻の先端を結ぶラインを指します。上唇と下唇がこの線上やや内側にある口元が理想的な美しい横顔であると、歯科医師ロバート・リケッツが1954年に提唱しました。日本人は欧米人に比べて鼻が低いという骨格的な特徴があるので、唇のラインがE-ラインすれすれであっても美しいとされています。

横顔や口元の形には主観的な好き嫌いが関わり、正解は一つではありませんが、大半の人が美しいE-ラインに対する考え方が共通し、美しい口元を手に入れたいと願う人は昔も今も変わりません。しかし、生まれつきの受け口や出っ歯、乱ぐい歯であると、この横顔を手に入れることができません。

矯正治療でE-ラインが整うケース

歯科矯正治療でキレイなEラインが手に入れられるかと聞かれたなら、「大変多くの方が矯正によって美しい横顔を実現させています」とお答えするでしょう。

矯正治療で整えられない口元もありますが、きれいなEラインに矯正可能ケースは以下の2種類です。

Eラインから口元がはみ出ている

・いわゆる「出っ歯」のせいで口が前に出ている

・歯並びは良いが口元が盛り上がっていて、口元全体が前に突出している

ラインの外に顎が出ている

・乱れた歯列が原因でかみ合わせが悪く、受け口なためにEラインが美しくない

あなたの口元が①や②の状態ならば矯正治療の効果が出やすく、美しい横顔に近づくことができます。さらに、治療前と治療後では、よく噛めるようになり、口や顔の筋肉が引き締まり、バランスも良くなり、E-ラインが変化していきます。

横顔のバランスが美しくなる矯正の方法

矯正治療でE-ラインを整える方法は大きく分けて2通りあります。

1つは、歯の表面にブラケットと呼ばれる部品を接着し、そこに金属製のワイヤーを通す「ワイヤー矯正」という手法です。古くからある治療法なので、実績が豊富で歯の移動の失敗が起こりにくい反面、一度装置を取り付けると治療完了まで外せないこと、装置が目立つことなどの短所があります。

もう1つは複数枚のマウスピースを段階的に取り替えることで、歯列を整える「マウスピース矯正」もあります。透明の樹脂製なので、矯正していることが周りから知られにくいというと長所があります。また、食事や歯磨きの際には取り外せるので、不便さを感じることがありません。ただし、1日20時間以上の装着を守らないと治療効果が上がらない点には注意が必要です。

お気軽にご相談ください

このように、ワイヤーやブラケット、マウスピースなどの器具を口内に装着して歯を動かし、理想的な口元に整えていきます。それぞれのメリットデメリットを踏まえて、ご自分のライフスタイルに合った矯正方法を選択しましょう。

ただし、大人になってから歯列矯正でEラインを作る場合は、口元を後方へ下げるために虫歯ではない歯を抜歯することが稀にあります。抜歯が必要なケースとは、口を閉じることができないほど、ガタガタの歯並びだったり、お口の中で歯が並んでいるU字の大きさが極端に小さかったりする場合です。また、治療が完了した後も後戻りを防ぐ目的で保定装置の装着が必要です。使用を怠ると、再び歯列が乱れてしまいますので注意しましょう。歯列矯正を行う際は、歯科医師とよく相談してから決定してください。

TIME SCHEDULE 診療時間

診療時間
9:30 - 18:30

土曜日、第1日曜日は9:00~17:30まで
※ 休診日:祝祭日、第1日曜日以外の日曜日

CONTACT

お電話でのお問い合わせはこちら TELEPHONE
WEBからのご予約はこちら WEB RESERVATION